2005年12月12日

マンションリノベーション名古屋市

今、気になる物件があります。

図面をみて、すぐ不動産会社に連絡していました。


価格などはさておき、築年数が30年というのが

気にかかっています。


このごろは、ニュースなどで大きく取り上げられている
問題! 耐震性を! クリアーできていないであろう物件になります。
(’81以前のものは、法規制がなかった為)

どうするか!?この物件を!!



思うのですが、物件との出会いというのが

あるとすれば、こういうことをいうのでしょうか?


何か、気になる。。。

10年先は、わからない。。とすれば今できることを!

と考えています。


内装のことなどで、今は頭の中のイメージが膨らんでいます。

この物件に入った瞬間に、こうしたら!こうしたい!

というイメージは、浮かんでいましたが。。。


明日は、設備面を見てこよう!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fuwari_works/50266936
この記事へのコメント
  築25年ほどの物件を購入しました。投資物件でナケナシのお金を叩いての購入。もし何か生活に苦しい事が起きたなら自らが入居しても良いかと思いつつ。

  やはり気になったのはこれからの耐久性。地震対策など??の建物、大震災などが起きたら… 建物の老朽は諌められず、加えて他住人の建物管理意識の低さ、最終的には建て直さず取り壊しと思われる物件。正直、住人の意識の独創性を知っていたら慎重に購入を検討したかった… 思う事はありながらも、既に自分の資産です。どう生かすかを考えなくては。せめてもの思いで、火災保険にはしっかり加入、災害時には申し分ない補償です。

  例え短期間でも、家としてより寛げる空間があったら思いで深い住処となるでしょうね。
Posted by Hero at 2005年12月14日 15:14
Heroさん

コメントありがとうございます!!

家というのは自分が所有することになって
はじめて、意識が建物管理へと向かうのでしょうね。

大切な空間をいい状態で保つ為に。。

火災保険や地震保険の加入者が急増しているらしいです。。

Posted by fuwari yukari at 2005年12月15日 15:54