2011年09月02日

北欧の旅 <街・アート>

158北欧 スウェーデン・ストックホルムでは、
地下鉄構内・駅周辺そしてまちづくりに、アートがここちよく参加している。
ストックホルム郊外、次世代のエコタウン ハンマルビー・ショースタッドでは
まちづくりの総工費の1%がアートに充てられているほどです。

緑美しいまちには、色がよく映える。

ヤールナという小さな町で、出会った「see! colour!」展(10/2まで)
緑に囲まれた展示会場は、シュタイナー教育が行われているschool敷地
とてつもなく広い!
敷地内では、オーガニック野菜、牛乳が栽培され、それを料理したカフェまであります。
そんなのびやかな空気の中で見る大好きなジェームズ・タレルの作品

色は、自然界の中でみるとより際立った美しさをみせてくれることに気づかされました。
深い緑、広い青空、そこからそそがれる自然光。。。

緑豊かな自然に囲まれ
そこで生活する人々のつつましやかでありながら
大切なものを見きわめる確かな目
アートを愛する豊かなこころにふれ
アートクラフト、建築がゆったりといきづく
その理由を旅しながら感じていました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fuwari_works/52010110