2014年12月12日

PHOTO STYLING 「NIPPONIA」

2014-12-01-15-53-58







つくり手の目線からうまれるプロダクトデザインに
向きあい、寄りそいながら感じること。

photo stylingを通じて
「つくり手の想いや背景を伝える」こととは?

ただ目前にあるプロダクトとつくり手を背に感じながら
緊張と緩和の時間。組立と解体を繰り返す時間。
「ふと、、ゆるむ感覚」になると何かあたらしいものが生まれている。

「つくり手とつかい手がつながる暮らし」を提案している
 NIPPONIAさんの想いにむかってイメージをつくりだしていく。

HPをこちらからご覧頂けます。
http://nipponia.goodsie.co.jp/gallery


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fuwari_works/52240455