2017年06月02日

聴竹居 藤井厚二氏 

FullSizeRender (6)

風を感じながら、「聴竹居」の心地よさを考える。

時代や環境の変化に対して革新を重ねてきた完成形である第5回住宅...
そこには、時を超えた普遍(不変)の真理がある。

「不易流行」

松尾芭蕉「去来抄」では、不易流行についてこのように書かれている。
「不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」

不易と流行とは、一見するところと異なり、
根本において結びついているものであると深く感じる。
その往来や葛藤から生まれるものづくりには、変わらずにある(変わらない)・新しさがある。

日本の美(ものづくり)には、不易流行が潜んでいる。
日本人として誇りに思い、それを美しいと感じる。

藤井厚二氏の思いを、いつの時代にも「変わらずに新しい」と感じること......
そして、この時代からも思いを込めて、新しさを重ねていきたい。

Posted by fuwari_works at 17:30│Comments(0)TrackBack(0)
カテゴリー :

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fuwari_works/52378496