"リノベーション(名古屋)"のカテゴリーアーカイブ

2015年01月06日

清々しい年を迎えて...2015

2015-01-01-11-32-09






2015年を清々しい気持ちで迎えております。

日々のことを大切にしながら
ひとつひとつ丁寧にお仕事を紡ぎ
新たな創造の可能性を愉しむ2015年にしたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

トランスワーク株式会社 鈴木結加里  

2014年11月05日

降りしきる雨「明治古都館」「平成知新館」「三十三間堂」

2014-11-02-11-42-14

古都の根源的な美にふれたいと
「祇園をどり」と「明治古都館・平成知新館」を
愉しみに雨の京都に出掛けました。

今年の演目である「濃彩京襖絵」は
京の寺院や城の襖絵を巡る舞踊を通して
秋の京都を色鮮やかに魅せてくれました。

「古都館」「知新館」そして「三十三間堂」を
降りしきる雨の中
ぼんやりと眺めていくと

意匠、庇や軒の高さや深さといった
建物の醸し出す雰囲気や印象が
見る角度や天候、季節によって異なるように
工夫されていることが
なんとも浮き彫りになってきました。

秋の京都、そして雨の京都もいいものです。  

2014年08月21日

local, non local

image






不安定なお天気が続いておりますが、いかがお過ごしですか?

日々の暮らしでみることができないものがみたくなるとき
緩めた心と身体で純粋に感じたくなるとき
そして見慣れた風景を編み変えていくために
この夏、幾つもの個性ある街をみてきました。

Seattle→Quinault→Portland→Klamath Falls→San Francisco→Berkeley→
Monterey→Sta.Barbara→Los Angeles→Amboy→Joshua Tree→LA

なかでもPortlandは、ゆったりとした・陽気な感覚あふれる暮らしが
印象的に映るのは、動きやすい(歩きやすい)街のスケール感と
この街を愛し、お互いに寛容で自由を愛する人びとが住まう街だからでしょうか。。。

Localな素材(食材だけではなく暮らしに関わるもの)を
Globalな視点でその地がもつ気候風土、国民性、歴史を
十分に理解したうえで、素直にDesignされたものは自然体で美しいです。

Localを愛するDesignには、その地に根ざした普遍的な美があります。

それら美しいものに囲まれて、この地を愛する人びとが街を創っていく。
新たな可能性を感じる街です。



*メニュー表に、Local, Non localが明記されていることも印象的です。
  

2014年07月31日

スタジオワーク写真展「展示空間構成」

2014-07-30-16-19-23






9月26日〜10/5 Nagoya TV Tower にて開催される
スタジオワーク写真展 
「0」
「00」
「000 無限光」

名古屋テレビ塔 2階・3階を
展示空間とする空間構成を考えるうえで
スタジオワークカメラマンから
作品コンセプト・撮り手の想いをヒアリングさせて頂きました。
ひとりひとりと真剣に向き合うことで
それぞれの個性に驚きながらも
20名ほどのカメラマンのお話を聞くこと
7時間あまり、、、
自由に、素直に、写真と向き合う
純粋な時となりました。

場のもつ存在感・・
写真の力をどう引き出すのか・・・
場と写真の引き合い=響き合いが
美しいと感じるところを求めて
頭中では「場をつくる」構想が巡っています。
  

2014年06月12日

日本の色「紫」

image
2014-06-09-16-02-07


ホテル/ゴルフ場宿泊施設、クリニックの
インテリア提案がつづく五月、六月です。
この季節には、なぜか紫色を提案したくなるのです。

日本の自然のなかで紫が美しいのは5月であるからでしょうか。
菫色、藤色、杜若色、菖蒲色、、花の色が葉や山の緑や空の色に移り
太陽の光に染められて、紫がさまざまな表情を
美しくみせてくれる季節です。

六月、、降りしきる雨の季節は
光と色のうつろひが溢れ.....
紫陽花の紫をいつまでも眺めていたい。  
Posted by fuwari_works at 17:30Comments(0)TrackBack(0)
カテゴリー :リノベーション(名古屋)