"写真ギャラリー 名古屋市円頓寺"のカテゴリーアーカイブ

2017年02月07日

ART BOOK HAGI, MATSUMOTO, KANAZAWA, OTARU

image


急ぎ足の毎日では感受できないことを
一枚の写真が捉えることで
ふと目にとまること。

ART BOOK「HAGI」「MATSUMOTO」「KANAZAWA」「OTARU」
にある写真(泊昭雄氏)は、

歴史や芸術、建築、街という概念の枠組みをこえて
日々の暮らしと結ぶ・ある豊かさを
ここにしかない一瞬を静かに伝えてくれる。

日本の自然の美しさに触れ
見るものを自由な思索の旅へと誘ってくれる。

手にとって頂きたい1冊です。

お問合せ先:Lights Gallery
info@lights-gallery.com  

2017年02月03日

ART STAGE SINGAPORE, SINGAPORE BIENNALE in singapore art museum, National Gallery Singapore

FullSizeRender_1

ART STAGE SINGAPORE

日本から7時間半という距離にあって多種多様で国際的な文化を味わうことができるシンガポール。その文化のなかで、アートに触れるべく出掛けてきました。

世界中の著名なギャラリーが、アジアのアーティストの作品を出展するアジア最大級の美術展覧会「アート・ステージ シンガポール(Art Stage Singapore)」出展するギャラリーの約8割がアジアを拠点にしており、ペインティングだけではなく、スカルプチャー・写真・映像作品といった様々な作品が展示されていました。存在感ある色やかたち、綺麗な色づかいの個性溢れる作品に目を惹かれてそれぞれの作品を通じて、アジアの文化や自然を体感することができました。

SINGAPORE BIENNALE in singapore art museum

「アトラス・オブ・ミラーズ」(鏡の地図)をテーマに、似て非なる歴史と文化を持つアジア諸国の多様性や精神性を理解する意味と必要性を問いかける展示。アジア(東南アジア・地域内)の異なる・多様な視点と内省を促すものでした。


National Gallery Singapore

『Supreme Court Wing』は、東南アジアのアートを中心に、19世紀頃からの東南アジアの歴史を展示。『City Hall Wing』は、シンガポールのアートに特化した展示。東南アジアとシンガポールに焦点をあてたアートが時代を追って展示されているのでかなり見応えがあり、歴史の流れのなかで、民族・文化・生活・自然を深く考察する機会となりました。
旧最高裁判所と旧市庁舎であった歴史的保存建造物がリノベーションされたナショナル・ギャラリー建築は、優雅で重厚感があります。二つの建物をつなぐ場所が、吹き抜け・ガラス屋根で解放感があり、自由度が高い展示が可能な空間であり、旧と新をつなぐ空間のしかけを感じさせるものでした。
補足:City Hall Wingの6階にあるテラスからマリーナ・ベイ・サンズやエスプラネードが一望できるBarやマレー料理と中国料理が融合したプラナカン料理がたのしめるRestaurantがあるのでシンガポールという地を食やアート、風景とあわせて楽しむことができます。  

2016年06月30日

Viviane Sassen 「Umbra」art book展

image

Viviane作品のなかで特徴的とされてきた
フォルムや色彩、構図といった視点から
影に注視することにより、
人間の精神世界のメタファーとしての
「Umbra: 影」を追求している展示となっています。


光があって影がある。
影があって光がある。

影の光。
光の影。

対称、対立の存在が
逃れられないものとして
入れ替わり立ち代わり現れる。

相対するものが出会うことで、溶け合う瞬間もある。

溶けきれない、固まり、凍っていく様.....
白 ⇄ 灰色⇄ 黒

しだいに...影が魂を浮かび上がらせてくる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会場:Lights gallery(名古屋市西区那古野1−11−4)
会期:6/25〜7/24(期間中の金・土・日:12時〜19時開廊)
皆さまのお出かけをお待ちしております。
  

2016年05月26日

Lights Gallery 「Art Yoga」

image

「濱田英明 遠い太鼓」展の余韻残る
Lights GalleryにてArt Yoga体験をしました。

五月の爽やかな風がぬける空間に
円頓寺商店街の「街音・人声」が静かに響き、
それぞれの音の振動が心地よく感じられるなか
徐々に自らの呼吸音に・呼吸という行為に集中していきました。
そして、ひとつの呼吸により身体が反応することを静観していきます。

呼吸と身体・心が調和していくことで
身体と心と大地がひとつになっていくような感覚を憶えます。
心と身体が解き放たれていくようです。

どこかを彷徨っているような...
どこからともなく音が聞こえてくるような...

シャバアーサナからあけると
空間に清々しい光が差しています。

まるで光の先を彷徨い・旅をしていたかのような感覚が残り
身体と心に...間・余地が生まれていくようです。

「濱田英明 遠い太鼓」展の余韻を愉しむ「Art Yoga」は、
未地の世界との出会いとなりました。

これからも様々な企画を展開していきたいと思いますので
是非ご参加ください。  

2016年05月12日

濱田英明 写真展「遠い太鼓」Lights Gallery

FullSizeRender (2)

「濱田英明 写真展・遠い太鼓」 会期半ばに.....

Lights Galleryは、影に美をみることで
美の本質を映じる空間ですが、
今展では、影をとらえることではなく
穏やかな光で作品を包みこむことで、
「光を纏った作品」を鑑賞頂く空間をしつらえています。

作品全体から溢れる美しさ「透明感・きらめき感」を
「ありのまま」に空間に反映することで
濱田英明氏の眼差しの先にみえる風景と
鑑賞者のみている風景が繋がっていること、
その先にある世界を感じさせてくれる
余韻をもった展示構成となっています。

この美しさをLights Galleryにて.....
5月22日(日)迄(金・土・日 12時〜19時)開催しています。