"Lights Gallery 名古屋 円頓寺"のカテゴリーアーカイブ

2017年04月10日

「sitate」空間の仕立て 鈴木陽介氏 写真展

image


2017年3月17日〜4月9日の会期にて鈴木陽介氏 「むし写真展」を開催致しました。
無事会期を終了し、閑かな空間に戻りつつあります。

展示を重ねていくことで、もとある空間に戻ることではなく
層がすこしづつ積みましていくようです。

鈴木陽介氏の作品と空間の呼応からは、作品が空間へと「はみだしていく」
「むしが這い出していく」感覚を憶えました。
それに添い、かたちにしていくことで
その「むし」が治まり、空間が落ちついていきました。

感覚や心に憶えた感情を空間にて直に表現することが
空間の「仕立て」ではないだろうか?と感じる空間構成となりました。

多くの方々にご来場頂きましたこと、感謝申し上げます。
次回、4月28日から竹内スグル氏(映像作家・写真家)「再生」が開催されます。
新緑の美しいころ、皆様のお出かけをお待ちしております。  

2016年12月29日

2016年 感謝とともに...

image

2016年は、Lights Galleryという空間との対峙からはじまりました。

長らく...心にあった・留めいていた想いがひとつ動きだしたことで、

想像をこえたところにある、方々(作家)・作品そしてコトとの新たな出会いの連続に

心が震える感覚を味わい、これらすべてに感謝の気持ちで年の瀬を迎えています。

今を見つめて、これからを繋ぎ・2017年に向かいたいと思います。

皆さま ありがとうございました。
心から感謝を申し上げます。
2017年 どうぞよろしくお願い致します。


トランスワーク株式会社 
Lights Gallery

鈴木結加里  

2016年12月07日

「sitate」空間の仕立て・余韻

image
仲冬が美しさとともに
気忙しさを連れてくる頃に...

見るのではなく
「見つめる」ことで

いままでは...
見えていなかったもの
見ようとしていなかったもの

その「間」にあるものがみえてくることを

泊 昭雄氏の写真
一倉 宏氏の言葉

余白にあること
間のあること
余韻となること

それら気配が
柔らかな感覚へと導き
記憶へと結んでくれる。

このような時と場を積み重ねていきたい。

その時と場を共に「見つめていきたい」方々を
お迎えして、仕立て(sitate) の夜のひとときを過ごさせて頂きました。
ありがとうございました。  
Posted by fuwari_works at 17:00Comments(0)TrackBack(0)
カテゴリー :space, interior director

2016年11月08日

「sitate」空間の仕立て・湿感

image

空間に水をうつこと

心が洗われて
心がやすらぐ。

水拭きをすること

心が整い
心が豊かになる。

湿度があること
苔むしたもの
石が濡れた風情

これらに...心惹かれる。

  

2016年09月16日

「sitate」空間の仕立て・盤

image

十五夜に...
ある方のために空間を仕立てる。

緊張と解れ
集中と弛緩

この去来が
とてつもなく贅沢。

仕立てた空間は、

月の満ち欠け
潮の満ち引き

滔々と...時が流れる

すすき穂が僅かにたなびく空間。

外に出ると...空にも満月が...
美しい十五夜。  
Posted by fuwari_works at 18:00Comments(0)TrackBack(0)
カテゴリー :Space Produce